よくある質問

トップページ > 技術講習案内 > よくある質問

よくある質問

1)「美容福祉」技術講習教室は、理・美容師でないと受講できないのですか?
A. 受講を希望するどなたでも、受講できます。
たとえば、ヘルパー・看護師のスキルアップとして、整容の一環として、ベッド上での洗髪技術が習得できます。
2)1日体験と4日間受講の違いとは?
A. 理・美容師の場合、4日間の「福祉理美容師」養成コースを受講すると
美容師は、認定料(5,000円)で一般社団法人日本美容福祉学会認定「福祉美容師」の認定証を取得することができます。
理容師は、認定料(5,000円)で内閣府認証NPO全国介護理美容福祉協会認定「福祉理容師」の認定証を取得することができます。
1日体験では、学会及び協会からの認定証を取得することができません。
しかし継続してその他の3日間の日程を受講することで、「福祉美容師」「福祉理容師」の認定証を取得することは、可能です。
3)4日間の日程について、ABCDの順番で受講しないといけないのですか?
A. いいえ、受講生のご都合の良い月日でA日程、B日程、C日程、D日程を受講してください。
カリキュラムの都合上、4月1日から翌年の3月31日までの間に受講してください。
年度により、多少授業内容を変更することがあります。
4)理・美容師と福祉理・美容師の違いは?
A. 理・美容師は、理・美容室で働くことを主眼において教育されています。福祉理・美容師は、理・美容室で働くことはもちろんのこと、理・美容師のスキルアップとして、理・美容室以外でも理美容技術の提供を望むお客様に対して、安全、安心して衛生的に理・美容施術をおこなうことができる理・美容師です。
5)「福祉理美容師」養成コースを受講するとき、予約の段階で、4日間の全日程を決定してから申し込むのですか?
A. いいえ、4日間の全日程予約をしなくても、最初の1日を決めて受講することもできます。受講生の体調、お子様の急な発熱等により、予約した月日に受講できない場合も多々あります。欠席した日程を確認して再度予約して受講してください。